阿頼耶識

i. 阿頼耶識は、インドの「アーラヤ(住居、貯蔵所)」の音写である。
過去のすべての経験と、現在と未来を作り出す力が蓄えられている。
ii. 阿頼耶識には三つの性質がある。一、過去の行為の残痕を蓄える。(現行薫種子)二、蓄えられたものによって現在や未来が変わる。(種子生現行)三、自我として実在化され、固定化されて執着の対象となる。

コメントを残す