阿頼耶識の第一の性質 現行薫種子〔げんぎょうくんしゅうじ〕

1) 仏教では、私たちの行為を身・語(口)・意の3業と呼んで3面から捉えるが、その3業のすべてが阿頼耶識に蓄積されている。身は身体で行う行為、語は言葉の行為、意はこころの行為である。
2) 阿頼耶識には、親や先祖、民族の長い歴史の行為までも蓄えられている。
3) 蓄えられている過去の行為の残影を「種子〔しゅうじ〕」と呼ぶ。
4) 「種子」が阿頼耶識に蓄えられることを「薫習〔くんじゅう〕」という。
5) 人柄やその人の香りは、阿頼耶識に薫習された種子が根本的なよりどころとなって作りだされている。
6) 「現行薫種子」とは、身・語(口)・意の種子が阿頼耶識に薫習されることである。(→すべての行為が深層の阿頼耶識に蓄えられるということ)

コメントを残す