心王(八識三能変)表層と深層の絡み合い « AMRM Research Center

i. 人間の<こころ>は、表層と深層が重層している。

ii. <こころ>は、表層から深層、深層から表層への2方向から捉える。

1) 表層→深層は、外の情報を受け入れていく受動的な一面。

2) 深層→表層は、深層が表層を支え動かしているという一面。

iii. 第一眼識~第五身識は、五感と呼ばれる感覚作用であり、一括して「前五識」と呼ばれる。

iv. 第六意識は、推理・判断・想像・洞察などの知的要素や、情緒、情操などの感情、意思意欲などすべての精神機能を含む広範囲な作用の<こころ>である。

v. 第七末那識は、潜在的な意識下の利己性、自己中心的な思い。

vi. 第八阿頼耶識は、過去を秘匿する潜在的な自己の深層。

vii. 一つのものを見たり聞いたりするときも、今日までの自分が総合的に働いている。

viii. 八識の<識>は<こころ>のこと。

ix. 使い分けは、識=了別(物事を区別している)、意=思量(いろいろに思いはかる)、心=積集(過去を集積し保持している)である。

x. 第一眼識~第六意識までを、<識>と呼ぶ。

xi. 第七末那識は、いつも利己的に思いはかるので、<意>と呼ぶ。

xii. 第八阿頼耶識は、過去を溜め込んでいるので<心>と呼ぶ。

引用元: 心王(八識三能変)表層と深層の絡み合い « AMRM Research Center.

コメントを残す